SCROLL

橋口 由香里

ソリューション本部 シンジケーション室
2014年入行

自らの業務の先にいるお客さまを見据え、
先回りしてチームの業務遂行を支える仕事。

仕事と役割

円滑な事務遂行を通して
社会インフラ事業を支える一端を担う

私が所属するソリューション本部シンジケーション室は、シンジケートローン(協調融資)を取り扱う部署です。このローンは、企業の新規事業や地方公共団体などが進める社会インフラ整備などで巨額の資金が必要となる場合、当行が複数の金融機関を取りまとめてシンジケート団を組成し、1つの契約書に基づいてご融資を行うものです。私は、シンジケートローンの契約書作成や書類内容の精査、案件のスケジュール管理、お客さまからの電話照会への応対業務などを行っています。自分の仕事が企業の新規事業や社会インフラを支える一端を担っているということを意識しながら、日々正確な事務を遂行すること、そして、お客さまに対して迅速かつ丁寧に対応することを心掛けています。

忘れられない出来事

自分の業務が社会の発展に
つながっていることを実感

当室が扱う融資によって動き始めるプロジェクトは、社会的に注目度が高く、国内外問わず人々の生活に大きな影響をもたらすものが少なくありません。私が携わった案件がマスコミに大きく取り上げられたことがありました。自分の担当した業務がお客さまの新たな挑戦や社会の発展につながっていることを改めて実感し、非常に嬉しい気持ちになるとともに自身の責任の大きさとやりがいを強く感じました。
私たちが用意する契約書類には一つのミスも許されません。お客さまそれぞれに必要な書類や細部の契約内容は異なりますので、書類作成には細心の注意が必要です。また、自分の所属部署だけでは業務が完結せず、関係部署と連携しながら業務を進める必要があるため、スケジュール管理も大切です。スケジュール通りに書類を作成できなければ、お客さまが契約書を検討する時間を十分に確保することができず、手続きが予定通りに進まないことにも繋がります。そのため、お客さまとやりとりをしている同僚の動きや電話応対など周囲の状況に注意を傾け、どの案件がどういう状況にあるか、どのような案件がいつ発生するかを予測し、書類作成の依頼がくる前からできることを先回りして進めるようにしています。

私自身が直接お客さまとお会いしてやりとりをすることはほとんどありませんが、進行中の案件を常に自分のこととして追いかけ、案件の先にいるお客さまのことを想いながら、チームワークよく業務の進行を支えていくことが必要だと考えています。

今後の目標

スキル・経験を積み、
どんな案件にも先回りして迅速・確実に対応する

お客さまのニーズは日々変化しますので、当室の扱う業務領域も日々多様化・複雑化しています。「前例が無いからわからない」と済ませてしまうのではなく、どうすれば対応可能かを過去の案件等も参考にしながら率先して検討していくことが大切です。そのためには、社会や経済の動向を気にかけ、知見を広げていかなければならないと思っています。知識やスキルが増えれば、自分が携わっている業務の意味がより深く分かるようになり仕事のスピードアップにもつながります。
私と同じアソシエイト職の先輩は「今度はこういう契約になりそうだが、それは可能だろうか?」といった相談を受けています。私もさらに経験を積み、多くのことを学ぶことで、チームの仲間やお客さまから信頼され、自ら積極的に発信し提案できるような存在になりたいと考えています。

学生の皆さんへ

自分で枠を決めずに
どんどんチャレンジしてほしい

お客さまにより良い提案をするために、職種や年次を越えてチーム一体となり日々業務に取り組んでいます。
その中で、「アソシエイト職の業務はここまでだから」と、自分で枠を設けてしまっては、自身の成長も、銀行の成長もありません。アソシエイト職にも、従来担当していなかった業務に挑戦していくチャンスは沢山あります。事務だけで終わらせず、チームの一員としての意識を持ち、日々業務に前向きに取り組みチャレンジし続けることで、より一層成長していきたいと思います。

1日のスケジュール

08:40グループ会議
案件の進捗状況・マーケットの動向等をグループ全体で共有します。
情報共有を踏まえ、手元業務の優先付けを行います。
09:30市場向け情報発信
当行が保有する債権情報をロイター等の情報提供会社へ発信します。
10:30営業サポート業務
お客さま向け開示資料等の手配・準備を行います。
営業担当者とのコミュニケーションを密にとり、迅速正確な対応を常に心がけています。
12:00昼食
13:00契約書作成
お客さまにお渡しする契約書の作成を行います。
お客さまごとに文言が異なるため、細部まで注意を払います。
15:00チーム内勉強会
どのような案件にも正確かつスピーディに案件に対応できるよう、チーム内で定期的に勉強会を開催し、情報発信・共有を行います。
16:00照会事項への回答
営業担当者からの照会事項について、関係各部に確認をして回答を行います。円滑に案件が進むよう、関係各部署・営業担当とのこまめな進捗状況の共有を心がけています。
17:10終業

INDEXヘ戻る