SCROLL

小林 仁紀

財務企画部主計室
2016年入行

MY JOB

税務相談・税務調査対応・組織再編対応が私の主な業務内容です。特に組織再編については、お客さまのニーズの多様化・高度化に対応すべく、グローバルでの事業軸運営にシフトする等、MUFGにとって欠かせない戦略の1つになっていると考えています。

CAREER

  • 2016
    財務企画部
    主計室

Q 01 .志望動機を教えてください

入行前は税理士として仕事をしていましたが、次第に自ら主体となって仕事を進め、意思決定にも関与したいと思うようになり、そのフィールドがある三菱UFJ銀行を志しました。財務企画部主計室は組織再編なども扱う部門で、これまでの経験と直結する職場であり、金融の知識など新たに得るものも大きいと考えました。

Q 02 .学生時代は何をしていましたか?

大学2年から税理士試験の勉強を始めました。大学3年の試験で財務諸表論、4年に消費税法に合格。大学卒業直後から中堅の税理士法人でアルバイトを始め、簿記論の合格がわかった12月からは勉強に専念し、翌年の試験で法人税法と事業税に合格しました。

Q 03 .ターニングポイントについて教えてください

入行してすぐにグループ内組織再編のプロジェクトに参加しました。ちょうど税制改正大綱が公表される頃で、改正部分のひとつが使えそうだとわかり、プロジェクト内で提案し、私の提案が採用されました。その際に、行内のさまざまな部署の方と関わったことが縁となり、その後の組織再編プロジェクトでも相談してもらえるようになりました。

Q 04 .今後の目標は?

今後積み重ねていく経験や知見を活かして、社内における税の専門家としてのキャリアを歩むとともに、国内のみならず海外へと活躍の場を広げたいと考えています。

Q 05 .変革に向けて挑戦していることは?

税制も変わる中、税務動向を把握するために、他社の税務実務担当者との勉強会・各種セミナーに参加しています。また、銀行のビジネスを理解するために社内の相談や税務調査対応時の担当者とのミーティングに積極的に参加するようにしています。

Q 06 .オフの日の過ごし方について教えてください

オフは家族と過ごし、子どもとの時間を楽しんでいます。平日も子どもが起きている時間に帰宅するようにしています。また、時差勤務制度を利用して毎朝の子どもの保育園への送りを担当し、共働きをしている妻の仕事が忙しいときには、保育園に迎えに行くこともあります。当行では柔軟な勤務ができるので助かっています。

Q 07 .当行を志望している学生へのメッセージをお願いします

当行を取り巻く環境は、大きく変化しています。国内外の構造変化や環境変化を迅速に捉え、持続的に成長し続けていられるよう、変化を楽しめる方・常にチャレンジし続けられる方の応募を待っています。

INDEXヘ戻る