2019
恵比寿支店
2019
財務企画部主計室

MY JOB

海外パートナーバンクのMUFG決算への取り込みや、経営会議資料の作成等を担当しています。海外パートナーバンクに適用する会計基準は日本の会計基準とは異なるため、基準間の差異調整(コンバージョン)に関わることもあります。コンバージョン処理は損益への影響が大きく、経営判断に関係する場合もあるため、強い責任感を持って業務に臨んでいます。

中西 航大
Q 01.学生時代は何をしていましたか?
公認会計士試験の勉強に励み、高校三年生で合格することができました。大学生時代には、カリフォルニア(UC Berkeley)に1年間交換留学へ行き、法学(Legal studies)やコンピューターサイエンス等、多岐にわたる分野の授業を履修し、充実した海外生活を過ごしました。
Q 02.志望動機を教えてください
「グローバル」と「会計」を軸に就職活動を進めていました。MUFGはグローバルに事業を展開する金融機関であり、世界各国に拠点があります。グローバルな環境で働くことで、自分自身が成長し会社に貢献したいと思いました。また、戦略財務会計コースで入行することで、グローバル金融機関の会計や財務といった重要な仕事に携われることを魅力に感じました。
Q 03.仕事のやりがいやモチベーションは何ですか?
グローバルに展開するトップ金融機関の会計・財務に携われることです。チームのメンバーと活発な議論を行い、MUFGの巨額な財務諸表を作り上げるプロセスを非常に楽しく感じています。また、自分自身が日々成長していることを実感でき、さらに会社に貢献できるという良いサイクルが回せていることもモチベーションになっています。
Q 04.職場の雰囲気はどうですか?
戦略財務会計コースで入行した人、他部署から異動で来た人、キャリア採用で監査法人や他の事業会社から来た人等、さまざまなバックグラウンドを持った人が集まっています。風通しは良く、上司に対しても自分が正しいと考えることを発信できる雰囲気です。同僚とのレクリエーション等、週末も充実した日々を過ごしています。
Q 05.働く上で大切にしていることは?
常に挑戦し続けることです。テクニカルな会計処理が求められる組織再編案件、新しく導入された会計処理等、チャレンジングな案件を見つけた場合は、たとえ自分が忙しくても積極的に希望して参加していくという挑戦心を持って取り組んでいます。
Q 06.印象に残っている出来事について教えてください
自分自身が取りまとめていたMUFGの財務情報が公表された瞬間です。投資家にとってどのような情報が有用かを考え、監査人と議論を重ねて、財務情報の開示方針を決定しました。全世界的な感染症の流行や引当金の新会計基準の適用により、一層経営層から着目されている与信費用について、自分が集めてきた情報や議論の結果が公表されていることに大きな達成感を覚えました。
Q 07.今後の目標は?
グローバルに活躍する組織内会計士として、的確な会計判断ができることで会社に貢献したいと思います。また、会計・財務の知識を使った組織再編等の案件にも関与していきたいと考えています。
中西 航大