世界とワンチームで最強のサイバーセキュリティをつくりたい。世界とワンチームで最強のサイバーセキュリティをつくりたい。システム本部システム企画部サイバーセキュリティ推進室 澤田純一システム本部システム企画部サイバーセキュリティ推進室 澤田純一

わたしの仕事

24時間365日、世界を結んでサイバー攻撃を監視し、金融システムを守る仕事です。24時間365日、世界を結んでサイバー攻撃を監視し、金融システムを守る仕事です。

ログインとかログアウトとか、
ログという言葉はおなじみですよね。
コンピュータやサーバなどの稼働状況を
記録したファイルのことです。
膨大なログがリアルタイムで蓄積されている
わけですが、
このログに怪しいもの、
不正なものがないかどうかを24時間365日、
リアルタイムで世界の拠点を結んで
監視するのが僕の仕事です。
怪しい挙動をいち早く見つけて分析し、
各国の拠点と連携して対応したり、
時には自分でファイルを削除したりします。
僕が見過ごしたり、
対応が遅れたり間違ったりしたら、
それだけ被害が拡大してしまう。
ヒリヒリするような緊張感がありますね。
もちろんそれこそ
僕がここに来た理由なんですが。

  • セキュリティの最前線に行きたかったんです。セキュリティの最前線に行きたかったんです。

    今、サイバーセキュリティ推進室には専門スタッフが160名集まっています。規模も技術レベルも国内トップクラスだと思います。僕はもともとシステム開発を担当していました。でも社内を見渡すと、同じことをできる人がたくさんいた。このまま続けることが自分のため、会社のためになるのかと考えたとき、サイバーセキュリティをやりたいと思ったんです。それで社内公募を利用して異動しました。銀行のセキュリティに求められるレベルは非常に高く、その現場に身を置くことはものすごくチャレンジングです。あえてこの環境に入って自分をもっと高めたいと思いました。ここには僕にしかできないという自負を持って取り組める仕事があるんです。

    sawada_picture
  • 最先端の防御思想をキャッチアップしていく。最先端の防御思想をキャッチアップしていく。

    日常的な監視業務に加えて、監視範囲の拡大や監視レベルの向上といったプロジェクトも担っています。例えば最近は「この攻撃を検知する」という具体的な設定をするのではなく、怪しい挙動そのものを機械学習などに取り入れて早期に発見するというソリューションも普及しています。そうすれば、仮に相手が攻撃手法を変え、それがわれわれにとって未知であっても、挙動の怪しさという時点で捕捉できます。また外部からの侵入を防ぐという従来の防御思想に加え、仮に侵入されても怪しい挙動を検知できる、被害の拡大を防ぐことができるという設計を加えることで、総合的な防御力を高めるという考え方も出てきています。こういう世界最先端の考え方を追いかけ、応用を検討していくのも非常におもしろいですね。

    sawada_picture

わたしのやりたいこと

世界トップレベルのセキュリティを自分のチカラで築きたい。世界トップレベルのセキュリティを自分のチカラで築きたい。

サイバー攻撃は日々高度化し、
脅威はめまぐるしく変化しています。
サイバーセキュリティの領域では、
セキュリティのインフラや
ソフトウェア、
担当者のマインドが
バラバラではほころびが出ます。
グループ一体、グローバル一体で
世界共通のシステムと意識を持ち、
世界中の拠点を守るんだという
視点を持つことが必要です。
「他人のせいにするな」というのが
僕のモットーです。
あの拠点、あの人がだめだったから、
で片付けてしまったら、
自分には何の進歩もないですからね。
せっかくこの環境にいるんだから、
世界トップレベルのセキュリティを、
米州や欧州、アジアの拠点と
コミュニケーションを取りながら
自分のチカラで築きたい。
誰にでもあるチャンスじゃないと
思ってます。

風景画像風景画像

わたしのキャリア CAREERわたしのキャリア CAREER

  • 澤田純一

    SAWADA JUNICHI

    システム本部システム企画部サイバーセキュリティ推進室・2013年入行

    • 2013

      システム開発運用部

      決済システムの担当者として、開発規模80億円超の大規模プロジェクトに参画。大人数での開発や関係者との交渉を経験し、システム開発の基礎を身につけました。尊敬できる上司や同僚たちと出会い、仕事に対する姿勢や責任感といった社会人としての基礎はこのときに学びました。

    • 2016

      三菱UFJ
      インフォメーション
      テクノロジー(出向)

      子会社に出向し、決済や市場エリアのシステムを担当。初めてプロジェクトリーダーを務め、プロジェクトの立ち上げからシステムリリースまでを一気通貫で経験。プロジェクトをリードする難しさに苦戦しつつも、プロジェクトマネジメントのノウハウを身につけました。

    • 2017

      システム開発運用部

      出向から戻り、常時10〜20程度のプロジェクトを担当。ビジネス部門と協業し、中長期的な戦略を踏まえてプロジェクトの計画を立てることが主なミッションでした。システム開発を成功させるだけではなく、プロジェクトを通じていかに銀行のビジネスに寄与できるかが最大のチャレンジでした。

    • 2019

      MUFG事務・
      システム企画部
      サイバー
      セキュリティ推進室

      新たなキャリアにチャレンジするべく、公募制度を活用し、異動。グローバルベースでサイバーセキュリティに係る監視業務を担当しています。高い専門性が求められ、かつ世界各国のチームと協業する難しさに苦戦しつつも、専門性を高めながらグローバルにチームアップしていくことにやりがいを感じています。

社員への質問 Q&A社員への質問 Q&A

sawada_picturesawada_picture
  • Q1

    仕事中の息抜き方法は?

    コーヒーが好きなんで、コーヒーを飲むことですかね。

  • Q2

    休日は何してる?

    子どもと遊んでます。子どもに絵本を読むことが趣味になってますね。

  • Q3

    最近ハマってることは?

    スパイスからカレーをつくってます。

  • Q4

    入社して一番びっくりした
    ことは?

    規模の大きさ(人数や金額)。入社するまでの人生で接したことのない規模感でした。

  • Q5

    三菱UFJ銀行で働いている人
    ってどんな印象?

    誠実で責任感の強い人がたくさんいる印象ですね。

  • Q6

    座右の銘やモットーは
    ある?

    「今日の責任から逃れても、明日の責任から逃れることはできない」