経営者の夢や想いを次の世代につなげたい。経営者の夢や想いを次の世代につなげたい。ウェルスマネジメント営業部 水上康治ウェルスマネジメント営業部 水上康治

わたしの仕事

富裕層と呼ばれる企業オーナーの想いをカタチにする仕事です。富裕層と呼ばれる企業オーナーの想いをカタチにする仕事です。

当行でお取引のあるハイエンドの富裕層を
対象に金融サービスを提供し、
資産を管理する――それが私の仕事です。
「ああ、あれね。資産を株式や
債券などに振り分け、市況に合わせて
入れ替えながらふやしていく、あの仕事」
と簡単に片付けないでくださいね。
もちろんそれも致しますが、
資産承継や相続対策等、金融で解決できる
富裕層のご相談に広く対応しています。
でも最も大切にしている仕事は、
その部分ではありません。
例えば、あるオーナーから、地方の
ベンチャー企業を応援する為の
仕組みが
つくれないかとの相談をうけました。
「若者が東京に出ていって
地元に戻って
こないのは故郷に魅力的な企業が
ないからだ。
地元に恩返しをするために
私財を投じたい」というオーナーの想い。
この様な想いをカタチにすることが
私の大切にしている仕事です。

  • オーナーの心を理解して残すべきものを見つけます。オーナーの心を理解して残すべきものを見つけます。

    もう少し仕事の紹介をしますね。別のあるオーナーは、「地元は陸上競技が盛んだが本格的なトレーニングセンターもなくコーチもいない。環境を整えて陸上を盛んにしたい。」とおっしゃっていました。たまたま銀行内に陸上の元オリンピック選手とつながりがあるという人がいたので、その伝手でその元選手に加わってもらい、このオーナーの想いをカタチにできないか、の検討を進めています。 またあるオーナーはカンボジアの教育環境の貧しさに心を痛め、「学校を建て、教員の養成や派遣にまで踏み込んだ応援がしたい」とおっしゃった。今、そのお手伝いをしています。「でもそういうのって収益に全然結びつかないじゃない?」と思うでしょうね。はい、今のところはその通り。でもそれでいいんだと思っています。

    mizukami_picture
  • 僕でなければできないことをしたいと思っているんです。僕でなければできないことをしたいと思っているんです。

    理由は二つです。 一つはお客さまとのお取引において、1年や2年といった短期的な時間軸では考えてはおらず、その方と生涯、場合によってはその方のお子様の世代にわたってお取引をしていきたいと考えているからです。お客さまの想いをカタチにするためには、必ずご資産をどう使うか、という話がついてきます。「どう使うか?」という想いをはせたときに、相談したいと思われるだけの信頼を得ていれば、必ずそれを実現するための相談がされるようになり、結果として金融面でのお取引につながると考えています。それまでの間は、オーナーの夢に共感し、それをカタチにしていく。大変だけどおもしろく、やりがいのある仕事です。 もう一つは、富裕層ビジネスの考え方ですね。資産運用や管理も大事だけれど、最も大切なのは、オーナーのビジネスの成功の背後にある知恵や想いをカタチにして受け継ぐことだと思っているんです。表に出ているものに注目しがちですが、それ自体は表に出ない無形な資産によって生み出された結果です。つまり、この無形の知恵や想いをカタチにすることこそが本質的には有意義であり、私自身大切にしていることです。

    mizukami_picture

わたしのやりたいこと

次の日本をつくることに貢献したいですね。次の日本をつくることに貢献したいですね。

今は“大事業承継時代”と呼ばれます。
戦後まもなく起業し、
一つの時代を築いてきた多くのオーナーが、
次の世代にバトンを渡そうとしている。
でもそれは有形の資産を
安定運用したり増やしたり、
相続対策をしながら
受け渡すことで終わる話
ではないと思うんです。
彼らを突き動かしてきた想いや夢、
つまり“ヒューマンキャピタル”を
言語化して、
カタチにして残すことこそが、
会社にとってもオーナーのファミリーに
とっても、
そしてこれからの
日本の社会にとっても
重要な財産を
承継していくことなんじゃないか。
それを一緒に実現できるのは、
すごくやりがいがあります。
大げさに聞こえるかもしれないけど、
次の日本の礎になるものを築きたいと
思っています。

風景画像風景画像

わたしのキャリア CAREERわたしのキャリア CAREER

  • 水上康治

    MIZUKAMI YASUHARU

    ウェルスマネジメント営業部・2008年入行

    • 2008

      仙台支店

      支店で掲げられている目標は誰よりも早く達成すること、自分にできることはすべてやること、実力が伴うかは別にしてとにかく何でも率先して組織の中の何かしらの役割を担うことを心がけました。「Why?」と問い続けることを学んだのもこの時期です。

    • 2011

      渋谷支店

      お客さまのためになることだけにこだわる――常にお客さまが第一で自社は二の次という考え方で行動しました。お客さま第一を実践することが、長期的に当行の利益になることを知りました。

    • 2013(出向)

      三菱UFJモルガン・
      スタンレー証券
      ウェルスマネジメント
      推進部
      (現ウェルスマネジメント
      統括部)

      上場企業オーナーをメインとして富裕層の財産コンサルティング(資産運用・資産承継・資産管理他)を担いました。金融サービス面で他社と差異化することは難しい。「なぜこの提案をするのか?」というストーリーに沿って提案することの重要性を再認識しました。

    • 2015

      東日本PB営業部

      銀行に戻り、富裕層向けの財産コンサルティング業務を担当。企業オーナーを理解するため、ファミリービジネスを研究し、MBAを取得しました。オーナービジネスは経済合理性だけでは進まない。オーナーの思想・価値観・ビジョンが先にあり、それを実現する為の手段として事業を営んでいるという捉え方を学びました。

    • 2019

      ウェルスマネジメント
      営業部

      大企業を担当している営業本部や新宿エリアの支店を巻き込みながらウェルスマネジメントに関わるさまざまな企画を推進。大きな組織を実行フェーズまで動かすことの難しさを知りました。

社員への質問 Q&A社員への質問 Q&A

mizukami_picturemizukami_picture
  • Q1

    休日は何してる?

    子育て!子どもといろんな公園に行ったりしてますね。

  • Q2

    仕事中の息抜き方法は?

    家族の写真を携帯で見ること。癒やされます。

  • Q3

    最近ハマってることは?

    リモートワークが進んで、最近は自炊をするようになりました。

  • Q4

    自分のチャームポイントは
    どこだと思う?

    100点のスマイル、かな(笑)

  • Q5

    MUFGで働いている人
    ってどんな人が多いと思う?

    仕事に対してまじめで、責任感がある人が多いですね。

  • Q6

    旅行に行くならどこに行きたい?

    最先端のIT技術を学びに、いつか中国の深センやイスラエルに行ってみたいですね。