銀行と社会のつながり

社会のあらゆる場面に、銀行は存在する。広く深く根ざす銀行のビジネスフィールドとは。グローバルで勝負する企業に、夢を追う経営者たちに。より豊かな未来社会に。銀行は、世界中のあらゆるシーンで一人ひとりの生活の質の向上や産業の発展、豊かな地域社会づくりをバックアップしています。ここでは、私たち銀行が世の中で果たしている役割とビジネスの舞台の一部を紹介します。

国内のつながり

事業の円滑な承継に取り組む

国内のつながり01 事業の円滑な承継に取り組む

企業の存続にとって、
必須の経営課題である「事業承継」

企業は常に多くの経営課題に直面しています。売上を増やす営業努力や財務体質の強化、商品やサービスの技術力の向上に、人材育成など、その内容は多岐にわたります。一方で「いかに事業を次世代に承継していくか」が近年の大きなテーマとなりつつあります。銀行は、事業承継を進めるにあたり、後継者問題、経営権安定化を踏まえた株主構成の検討を通じ、課題解決のお手伝いをしています。そのなかで、株式上場やM&Aを経営者が決断することもあります。幅広い業種と深くつながる銀行として、業界の将来を見据えながら知恵を絞り、強い決意を持って企業の円滑な承継を図る。私たちの大切な使命です。

日本のモノづくりに貢献する

国内のつながり02 日本のモノづくりに貢献する

経営者とともに、
ビジネスの可能性を拡げていく

高い技術力を有する中小企業の成長が、日本の「モノづくり」の原動力といえます。しかし、中小企業は経営資源が限られており、経営課題を単独で解決していくことが困難なケースもあります。例えば、設備投資を計画している製造業。銀行はお客さまのことを深く理解し、設備投資の青写真、業績見込の検証、資金計画の試算、リスク管理体制、将来の事業承継を見据えた資本戦略の策定など、経営者と一緒に検討を重ねていきます。確かな知識と強い信頼関係をベースとして企業や地域の発展に貢献することも、銀行の重要な役割なのです。

スムーズな貿易取引

国内のつながり03 スムーズな貿易取引

世界中の金融機関とつながり、
貿易取引の礎になる

グローバルにモノが動く世の中で、貿易が経済発展の重要な要素となっています。しかし、遠く離れた国の経済情勢や貿易相手の経営状況をリアルタイムで把握することは難しく、貿易は常にリスクに晒されています。銀行は、輸入信用状(輸入者の代わりに支払を確約)の発行・買取、書類(ドキュメント)のチェック、為替予約、代金の支払・受領手続きなど、企業間の信用の礎となるとともに、スピーディーで確実な資金決済を実現しています。海外の拠点や提携銀行とのグローバルネットワークをフル活用して、企業の海外事業を多面的に支援する。これも銀行の大事な役割です。

大切な資産のマネジメント

国内のつながり04 大切な資産のマネジメント

プライベートなニーズに
高い専門性と信頼性でお応えする

個人にとって、自分らしい人生を実現していくうえで、どのように資産を形成していくのかは重要な問題です。銀行は、お客さま一人ひとりの状況に応じて、将来へ向けた資産のマネジメントのアドバイスから、資産の次世代への安定的な承継に至るまで、プライベートな課題解決のお手伝いをしています。多岐に亘る商品やグローバルに展開するグループ会社のサービスを活用しながら、お客さまにとって最適な資産ポートフォリオを構築していきます。高い専門性と信頼で、安心して暮らせる社会をつくる。それが明日への活力をつくる銀行の役割です。

お金をもっと便利に

国内のつながり05 お金をもっと便利に

貯める・支払う・受け取る・備える・借りる

銀行口座を利用すれば、安全かつ確実にお金の受け取り、支払い、現金での引き出しができます。金融商品を購入して資産を形成したり、保険商品を利用すれば将来の保障を得ることもできます。また、住宅ローンや教育ローン、カードローンなど、豊かな生活を実現するための必要資金を借りることもできます。三菱UFJ銀行が保有する口座数は約4000万口座。日本全国に約760店舗の支店を構え、8,300台の銀行ATMに加え、46,000台の提携コンビニATMを用いて、日本全国でお金の引き出しが可能です。更には、VISAデビットを用いて、世界中での即時払いが実現するなど、これからも技術の進歩や人々の生活の変化に合わせ、新しい金融サービスをつくっていきます。

事業リスクをマネジメントする

国内のつながり06 事業リスクをマネジメントする

保険機能を有する金融派生商品で
世の中のリスクをコントロール

例えば、テーマパークやスキー場などのレジャー施設は、気温や降水量、降雪量などによって事業収益が変動するリスク(不確実性)を抱えています。また、貿易では外国為替の変動リスク、巨大設備を長期の借入で賄う装置産業では金利上昇リスクがつきものです。銀行はグループの保険代理店や、金融工学をベースとした金融派生商品を使って、さまざまな事業のリスクマネジメントをお手伝いしています。気象条件によって補償が得られる天候デリバティブや、外国為替の交換レートや金利を長期で固定する通貨オプション、金利スワップなどの提供を通して、さまざまなリスクをコントロールし、企業の円滑な事業継続をバックアップしています。

海外のつながり

資源開発ビジネスへの参入

海外のつながり01 資源開発ビジネスへの参入

世界の需要を支える
巨大な開発案件へのコミットメント

レアメタルの掘削施設、石油化学プラントや液化天然ガス(LNG)生産設備の建設といったスケールの大きな資源開発プロジェクトでは、適切なリスクマネジメントや効率的な資金調達、多くの利害関係者との交渉・調整という課題があります。銀行はプロジェクトに主体的に参加し、数千億円におよぶプロジェクトを円滑に実現させるべく、ファイナンスのアレンジのみならず、資金計画に関するアドバイス、市場環境や需要予測に基づく収益性やリスク分析などを、世界中に展開するメンバーとチームを組み実施していきます。プロとしての強いコミットメントとチームワークで、世界経済に関わる大事業をリードしています。

社会インフラの構築

海外のつながり02 社会インフラの構築

電力、水道、鉄道、航空、
さまざまな社会インフラ構築に関わる

日本の大手総合電機メーカーが、鉄道発祥の地・イギリスで、鉄道車両の製造と保守管理事業を受注する。そのような日本の技術を結集したビジネスの裏側で、銀行はお客さまとともに案件の成功に向け力を注ぎます。その例は、鉄道だけでなく、大型タンカーやジャンボジェット機の製造、発電所やダム建設など多くの社会インフラが対象となりますが、国家や企業が抱える莫大な資金負担とリスクをコントロールするため、最先端の金融技術とノウハウを駆使してスキームを組み、プロジェクトを成功へと導きます。信頼を受けて銀行に託された資金を確実に世の中のために活かす。社会の公器としての銀行の使命です。

日本企業と現地企業の橋渡し

海外のつながり03 日本企業と現地企業の橋渡し

グローバルバンクとして、
日本企業と現地企業から選ばれる存在に

47ヵ国、111拠点に亘るMUFG Bankの海外ネットワーク(2015年9月時点)。「世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ」をスローガンに掲げ、現地に進出している日系企業だけでなく、現地企業からも選ばれる存在をめざしています。例えば、日本のメーカーが海外に製品を輸出するという案件。銀行はグローバルな拠点網を活かし現地企業へアプローチし、現地企業のニーズに合致した融資を提供しています。日本のメーカーは確実に輸出代金の支払を受けることができ、現地企業は資金調達の実現により日本製品の安定的な調達が可能となります。日本の輸出振興と現地の経済発展に貢献すること。それは世界中に展開する私たちの大切な使命です。

海外進出のパートナー

海外のつながり04 海外進出のパートナー

海外ビジネスをともに切り拓き、
グローバルな事業展開を加速させる

日本のマーケットが飽和状態となる中、多くの日本企業がグローバルへと、ビジネスの拡大を進めています。日系企業の海外進出案件では、国内外の拠点ネットワークを活用した連携を密に、計画段階からプロジェクトに参画し、資金調達のアレンジだけでなく、マーケティングリサーチから進出候補地の選定、現地法人の設立手続きや生産・販売・代金回収体制の構築まで、国内と海外のグループ総合力をフル活用して、企業のグローバル化を推進しています。特に、アジア諸国への日系企業の進出は年々増加しており、その進出を全面的にバックアップしていくことで、アジア圏全体の経済発展の一端を担う銀行の大切な役割です。

クロスボーダーの資金管理

海外のつながり05 クロスボーダーの資金管理

世界中の資金を一元管理し、
企業のグローバルビジネスを支える

グローバルに事業を展開する企業にとって、国を跨ぐ資金管理は経営の効率化において重要な要素の一つです。しかし、国によっては外国通貨との交換や海外への送金が規制されていたり、金融機関同士の決済インフラが整っていなかったりするなど課題が多いのも事実です。そこで、銀行は高度なセキュリティ環境を構築し、インターネットを利用して全世界で保有する残高・通貨の把握や、口座間の資金やり取りを一括して行うことができる資金管理システムを提供しています。特に外貨建ての債権・債務管理や外国為替のポジション管理は複雑なことから、一元管理で為替リスクの「可視化」をお手伝いしています。これからも世界トップクラスの決済インフラ・資金管理システムを提供し、効率的なグローバルビジネスの実現を後押ししていきます。

新しい雇用を生み出す

海外のつながり06 新しい雇用を生み出す

全世界で雇用を生み出し、
地域社会に貢献していく

世界中で働く三菱UFJ銀行の行員は連結ベースで約7万8000人。その内、海外で採用された現地行員は約4万2000人と、半数以上を占めます。現地の地域社会に根ざす銀行として、スタッフ全員が切磋琢磨しながらお互いを育み、仕事を経済の活力へとつなげていく。それが、世界屈指の総合金融グループであるMUFGの使命です。アジア・オセアニア地域に60拠点、米州地域に27拠点、欧州・ロシア・アフリカ・中近東地域に29拠点があり(2016年3月末時点)、海外において邦銀髄一の歴史とネットワークを誇っています。お客さまとその先にある地域社会に貢献していくことは、現地で新しい雇用を創出することでもあると私たちは考え行動しています。