SCROLL

大塚 由恵

リテール企画部 リテールアカデミー
2010年入行

資産形成から資産承継まで
お客さまとご家族の末長い幸せを支える仕事。

私の役割

お客さまの個人資産に関するあらゆるお悩みに応え、
より良い人生に貢献する

私はフィナンシャルプランナー(以下、FP)として、個人のお客さまの資産に関する業務に携わってきました。
FPの仕事は、まずお客さまにお会いすることから始まります。しかし、初対面の銀行員に、ご自身の資産についてのお考えやお悩みをすべてお話しいただけることはほとんどありません。また、年金や相続など、将来の資産に関する問題にあまり関心を持たれていないお客さまもいらっしゃいます。そのため、まずはお客さまのもとへ何度も訪問し、じっくりとお話をお伺いすることでお客さまの課題を見つけ、自分なりにその解決策を探っていきます。
入行前、私は投資信託や生命保険などの金融商品を「販売すること」がFPの仕事なのだろうと思っていました。しかし実際はまったく違います。資産形成のための各種金融商品、住宅ローンやアパートローンといったご融資や、資産承継など、幅広い商品・サービスを駆使し、お客さまとご家族の末長い幸せを支えること――それこそがFPの仕事の醍醐味でした。

仕事の醍醐味

グループの総合力を結集して、チームで解決策をご提案

FPの仕事の幅の広さと醍醐味を知ったのは、あるお客さまの相続対策のご提案のときでした。当初はあまり深いお話を伺うことのできていなかったお客さまでしたが、何度かご挨拶を重ねていくうちにいろいろなことをお話しいただけるようになり、相続についてご心配されていることが分かりました。詳しくお話をお伺いしてみると、ご自宅以外にも不動産を保有されており、万一の場合、ご家族に金銭面でも手続き面でも大変なご負担が掛かる可能性があると気が付きました。
私は、担当者として本部の相続専門チーム、グループ内の信託銀行などに連携し、相続税の試算や、万一の時に必要な対策を調べました。不動産の売却や、生命保険の活用、教育資金贈与等を通じた資産承継をご提案し、お客さまからは「単なる資産の承継だけでなく、私の家族のことまでしっかり考えてくれてありがとう。」と大変喜んでいただくことができました。お客さまのお悩みをしっかりと把握し、行内の専門家や、グループ関係会社と連携しながら最適な解決策を見つけ出してゆくことが当行のリテール業務における醍醐味だと感じています。

大切にしていること

知識だけでなくお客さまを思う姿勢
信頼関係がすべてを決める

私は、FPとして経験を積んだ後、SFP(シニアフィナンシャルプランナー)として、不動産経営を行うお客さま向けの融資業務なども担当するようになりました。今まで以上に幅広い知識や提案力などが求められるので、先輩が手がけられた事例を学んだり、相続対策のご提案の時にも発揮したグループ内の専門家との連携をさらに深めるようにしています。中でも私が何よりも大切にしていることは、知識や経験よりも、「お客さまに対する真摯な姿勢」です。お客さまの課題を解決するために、全力を尽くすという気持ちです。それを貫くことで、必要な知識も着実に積みあがってきます。
お客さまの幸せのため、何よりも「お客さまの人生を支えたい」という強い想いを持つFP・SFPだからこそ、お客さまと深い信頼関係を築くことができるのだと思います。信頼があるからこそ、お客さまが困った時に一番に頼りにしてくださり、ご自身の資産について、ご家族にも相談できないようなことまで打ち明けてくださる。そのお客さまの期待に応えることがFP・SFPの使命であり、仕事のやりがいです。
「信頼」という言葉は、私の人生のキーワードです。「お客さまとの深い信頼関係から成り立つ仕事は何か」と考えて選んだ答えが、当行の仕事であり、FP・SFPの仕事でした。改めて、この選択で良かったと思うと同時に、さらに研鑽を積み、自分の経験を後輩へ伝えていきたいと思っています。

1日のスケジュール

※取材当時在籍の新宿支店での1日のスケジュールを記載

08:40朝礼
課のメンバー全員で連絡事項やスケジュールなどを共有します。相場勉強会や新商品の勉強会、新聞の読み合わせをすることもあります。
09:00電話フォロー
お客さまにお電話をし、定期預金の満期や投資信託の運用状況などをお伝えします。ご都合が合えば面談の約束を入れる等、直接お会いする機会に繋げます。
10:00お客さま訪問
事前に面談の約束をしているお客さまのご自宅や勤務先へ訪問します。企業経営者のお客さまのところへ訪問する際は、支社の RM(Relationship Manager/法人営業担当者)と一緒にお伺いすることもあります。お客さまとの面談時間はだいたい30〜60分で、面談内容によって異なります。一日に3〜4名のお客さまを訪問します。
12:00昼食
上司や先輩、後輩、同僚と交代で昼食をとります。食堂では支社のRMともコミュニケーションを図ります。
13:00お客さまとの面談
午前に引き続きお客さまを訪問します。ご都合によって来店されるお客さまは、支店の応接室でお話を伺います。当日中に手続きしなければならない書類をお預かりすることもあるため、外出しているときは特に、時間に注意して行動します。
15:00デスクワーク
帰店後、お客さまからお預かりした書類を確認し、事務手続きを行います。その後、お客さまから伺った内容を記録し、次回面談時の参考にします。
16:00勉強会・会議
運用商品の新商品が出た際は、勉強会を行い、より良い提案のために全員で新しい知識習得の時間を設けています。また、支店や課の業務推進会議を行うこともあります。
17:10退社
明日のスケジュールの確認や準備を行い、退社します。

INDEXヘ戻る