SCROLL

清水 千鈴

一宮支社 法人第二課
2016年入行

中小企業のお客さまとともに
経営課題の解決に取り組む。

お客さまの想いや悩みに真摯に向き合う

中小企業のお客さまが抱える経営課題に向き合い、法人営業担当者(Relationship Manager/以下RM)としてお応えすることが使命です。安定的な資金調達はもちろんのこと、日々の入出金取引などの資金決済の効率化や、さらには円滑な事業承継のためのご提案を行うこともあります。
担当しているお客さまは、製造業をはじめ卸売業や飲食業など、業種・業態は多岐に亘ります。そのため、金融の知識だけではなく、それぞれの業界に関する理解も必要です。私がお客さまを訪問する際に心がけていることは、とにかく「お客さまをよく知ろう」とすることです。お客さまと同じ視点に立ち、お客さまは何に悩んでおられ、何をすればお役に立てるのかと考えることで、お客さまの経営課題を見つける努力をしています。

私がRMとしてお客さまを訪問し始めた頃は、どのようなニーズや経営課題があるのか全然見つけることができませんでした。そこで、先輩方からのアドバイスをもとに地道にお客さまを繰り返し訪問し、お客さまが所属する業界に関する情報を持参しました。また、お客さまの工場などを見学させていただき、ヒアリング方法を工夫しながら社長の夢や目標などを積極的にお聞きするよう努めました。社長の事業に対する熱い想いをお聞きするうちに、「私もRMとしてお客さまの事業発展にお役に立ちたい」と強く思うようになり、その結果、お客さまのニーズや経営課題が少しずつ見つけられるようになっていきました。
中小企業のお客さまの場合、会社経営に関わる課題だけではなく、社長ご自身やそのご家族に関するご相談を受けることもよくあります。そのため、さまざまなニーズをキャッチし、関連する部署に相談したり、本部やフィナンシャルプランナー(以下、FP)に加え、信託や証券などグループ会社と連携したりすることもRMの役割としてとても大切です。お客さまの想いや悩みに真摯に向き合い、他の部署やグループ会社と一丸となってお客さま本位の提案を繰り返したことで、お客さまから「これほどまでに充実した提案をしてくれるのは清水さんだけ。いつもありがとう」というお言葉をいただくことができました。これからもRMとして、さまざまな角度からお客さまへのご提案とサポートを心がけていきたいと考えています。

銀行員として、人として、成長できる仕事

RMの仕事は融資を行うだけではなく、企業の経営に深く入り込み、経営者にとって一番の良き相談相手になることをめざす仕事です。そのため、銀行員は業務スキルやさまざまな業界に関する知識を向上させることができることに加えて、数多くの中小企業の経営者や幹部社員の方々と直接お話しすることで人間としての成長も実感できる仕事だと思います。
入行以来、仕事を積み重ねるほどに知識や経験の必要性を実感しています。仕事で困ったときには気軽に上司や先輩に相談できる雰囲気があり、何事にも前向きに取り組める職場環境のもとさらなる成長をめざしたいと思っています。また、日々の業務に全力で取り組むとともに、業務時間外に簿記やFPの勉強を行うなど自己啓発にも励んでいます。これからも、お客さまの課題解決に真摯に取り組み、ニーズにしっかりと応えていくことで、真にお客さま本位の提案ができる一人前のRMになりたいと思っています。

1日のスケジュール

08:40始業・朝礼
その日のスケジュールの確認。訪問先のリストを見て、持参する資料がそろっているかをチェック。また、この時間帯に経済や金融に関する勉強会を行うこともあります。
09:00電話フォロー
担当しているお客さまに電話。訪問の約束を取り付けるほか、融資案件など課題となっている点について現状の報告を行っています。
09:30お客さま訪問
行内での業務を済ませた後、午前および午後にかけて、お客さまを訪問。多い日には5社以上の企業を訪ねることもあります。
12:00昼食
訪問の合間を見て昼食。時には外食することも。
13:00お客さま訪問
午後からも引き続きお客さまを訪ね、資金の調達や決済などに関わる相談に応じます。
16:00デスクワーク
帰店後、申し込み書類などお客さまからの預かり物を担当部署に届け、手続きを済ませます。また、お客さまとの面談の内容を活動記録システムに入力します。
17:00書類の作成
融資案件に関する稟議書を作成。また、融資判断に必要な企業の格付け作業を行うこともあります。
18:00退社
翌日のスケジュールを確認した後、退社。

INDEXヘ戻る