Global

PROJECT 01GFCDテクノロジー・プログラム

アンチマネーローンダリングシステムを高度化
お客さまを金融犯罪から守る

マネーローンダリングやテロ資金供与の防止、経済制裁や贈収賄・汚職防止に関わる規則の遵守などのグローバル金融犯罪対策を強化するため、三菱UFJ銀行は2017年にニューヨークを本部とするグローバル金融犯罪対策部(GFCD)を設置した。主要な活動の1つにアンチマネーローンダリング(AML)システムの高度化をめざす「GFCDテクノロジー・プログラム」がある。年間数十億円を投じる巨大なプロジェクトだ。

Mission/3システムを統合するグローバルプラットフォームを構築

麻薬取引や人身売買、国際合意に反したミサイルや核開発、汚職などの問題を解決し、平和で安定した国際社会を築くため、国際機関や各国政府はさまざまな取り組みを続けている。政治交渉や軍・警察による取り締まりもその一つだが、経済制裁を実効性のあるものにすることや、マネーローンダリングや違法送金を防ぐことによって犯罪集団の資金源を断つことも有効な対策だ。三菱UFJ銀行は、日本随一のコルレス銀行(海外送金における中継銀行)として、またウォルフスバーグ・グループ※の一員として、他の国際的な金融機関と共にグローバル金融犯罪対策の強化に取り組んでいる。その重要な取り組みの一つがAMLシステムの高度化だ。
AMLシステムには、大きく分けてKYC(Know Your Customer)、顧客スクリーニング、取引モニタリングの3つの領域がある。KYC は顧客に関する情報収集・リスク評価、顧客スクリーニングは制裁者やPEP(Politically Exposed Person:外国の重要な公的位置にある人物)、否定的報道先に該当する顧客の洗い出し、取引モニタリングは、疑わしい取引をルールや過去取引のプロファイルによって検知することをさす。従来これらは、それぞれ独立したシステムとして各国拠点ごとに開発され、運用されてきた。
しかし、年々巧妙化する犯罪手口に対応するためには、この3システム間の情報連携が欠かせない。AMLのプラットフォームを構築してKYC・顧客スクリーニング・取引モニタリングの各業務を連携して実施し、かつグローバルにデータの管理・統制を一層適切に行うことが求められた。また、すでに各拠点においては3領域それぞれで既存のシステムが稼働している。ここに蓄積されたデータを新システムにスムーズに変換し移行することも必要になる。「GFCDテクノロジー・プログラム」プロジェクトは、3システムの統合と海外40拠点への一斉導入という規模の大きさとともに、既存システムからの円滑なデータ移行という難しいテーマを担っていた。
※ウォルフスバーグ・グループ:グローバル金融犯罪リスク管理の枠組み構築を目的とする13の国際的な金融機関からなる非政府組織

Process/各国事情や規制変更への対応も不可欠

「GFCDテクノロジー・プログラム」の難しさは、その規模と移行のプロセスにあっただけではない。
AMLについては世界で共通する規制レベルに加え、各国当局が定めている規制がある。その為、銀行の事務手続きも各国でスタイルが異なる。そのため、海外40拠点を横断する新たなAMLのプラットフォームは、グローバル標準に対応する部分と各国のローカルルールや事務に対応する部分の2つを備えなければならない。さらに、犯罪手口の変化に応じて各国で行われる規制内容の変更にも容易に追随できる拡張性を持ち、安定して規制当局の要求を満たし続けるものでなければならなかった。一方で規制業務のグローバル水準への統一を行いながら、同時に国毎の規制に対応したカスタマイズを可能にする——この点でもシステム開発は非常に難易度が高いものだった。
さらに、GFCD本部がニューヨークに置かれていることにも示されているように、AMLの先頭で標準的な規制を敷いているのは米国である。そのため、このプロジェクトも、米国の目線に合わせる必要があった。しかも、AMLの要件を出すニューヨークの本部のユーザに加えて、実際に開発を行うパッケージベンダーやMUFG内のベンダー、各国の関連部署など、関係者は非常に多く、関係者毎にバックグラウンドやITの知見、金融犯罪対策業務の知識は異なっている。それらを組み合わせ、限られたスケジュールのなかでより多くのユーザが満足するシステムを開発しなければならない。
2018年に検討が開始されたプロジェクトは、銀行・MUFGグループのIT会社・複数のベンダーのIT会社が参画。複数拠点毎にグループに分割したうえで新システムの導入を図っていくことにしている。グローバル共通と最初に導入する3拠点をカバーするものをグループ1として先行し、順次、導入する拠点特有の要素を入れ、グローバル共通部分もレベルアップさせながらグループ2・3・4と開発・導入を進めていく計画だ。取り組みは今まさに佳境を迎え、2021年8月には、グループ1と2がリリースされる。

Speaker 床枝 慧
Q

あなたの役割は?

私は入行後2年半ほど営業店で法人営業を経験した後、システム部に異動、着任当初からAMLチームに参加しました。現在のプロジェクトに加わる前は、海外拠点への取引モニタリングシステムの導入業務に長く携わりました。ただ、システム開発のなかでは、後半のテスト〜リリース工程を担当することが主だったので、「現在の経験や反省を活かして上流工程業務に携わりたい」という思いが強くなり、それを上司に伝えたところ、2019年1月に始まったグループ1の基礎検討から参画することになりました。2020年4月までは取引モニタリングシステムラインのラインリーダーを担い、5月からはグループ3の案件リーダーを担当しています。特に私が重点を置いて取り組んでいるのは、従来3システムとして独立して稼働していたKYC・顧客スクリーニング・取引モニタリングシステムの横断的確認による品質向上です。

Q

プロジェクトにおける困難は?

システム部門での業務経験も丸4年を超えた段階でのプロジェクトへの参加で、かつ最初の取引モニタリングシステム開発ではそれなりの成果を上げ、ある程度自信をもっていました。しかし、 本案件に参画した途端に“天狗のはな”をへし折られました。
それまで担当したシステムとは、規模も関係者の多さも考慮すべきポイントの多さも、まったく違っていたからです。システムをゼロから構築していく過程で意見を求められた際に、システム的な発想や見解がまったくといっていいほど出せませんでした。自分はただ、取引モニタリングという1つのシステムに詳しくなっていただけだったのです。リーダーとしてプロジェクトに貢献しなければならないという思いと、実際に自分が出せている成果との乖離が拡大し、自信喪失状態になりました。
しかし、そんな私の様子に気付いた上司が「これまでの経験のなかから、自分ができることを着実に積み上げてみたらどうか」とアドバイスしてくれ、それが立ち直る契機になりました。「どういう問題があり、どう克服してきたのか」について振り返りの表をつくり、それを現在の業務に落とし込んでいくことで、少しずつ主体性をもって取り組めるようになっていったのです。
それにしても、大きなプロジェクトであることから関係者が非常に多く、特にユーザ本部であるニューヨークとの交渉は難航しました。先方は、有力な外国銀行でAML業務を経験してきたベテランバンカーばかりです。例えば「口座」という極めて基本的な言葉一つをとっても、それぞれの業務経験により、口座に割り振られた個別の数字のことなのか、個人名のもとに統合済みの口座群のことなのか、“粒度”が異なっています。意思疎通は非常に難しかったです。思い込みを排してゼロベースで臨むことの大切さを痛感しました。まずは相手の提案内容をしっかり傾聴し、受け止めること。そして、予算やスケジュールの制約を勘案しながら代替案の有無を模索し、落としどころを探っていくというプロジェクト推進の基本が習慣化できたことは、私にとって大きな収穫だったと思っています。

Q

このプロジェクトの意義とは?

AMLシステムのグローバルレベルでの統合・高度化は、先進事例として日本の金融業界のスタンダードをつくっていくプロジェクトであると思います。当行は日本を代表する金融機関としてベストプラクティスを確立することが期待されており、本件はまさに他行の先を行く取り組みです。しかも、MUFGは円貨のコルレス業務で大きなシェアを持っています。当行が金融犯罪対策に取り組むことは、日本の金融業界全体が取り組むことにほかなりません。また、金融犯罪対策にかかるコストは年々増加しており、今回の統合で、事務効率とシステム開発費用の両面からのコスト削減に成功すれば、金融業界の抱える構造的な課題への対応策ともなり得ると思います。
かつての営業店での業務経験は、たとえ100万円であっても収益を生み出すことの難しさを、身をもって教えてくれました。数百億円もの巨費を投じるプロジェクトに携わっていることにやりがいと責任の大きさを感じます。何としても新システムのリリースを安定的に行い、各拠点での業務を効率化・高度化させていかなければなりません。
グローバルな業務に広いフィールドで挑戦したいというのは、私の入行動機の一つでした。まさに今、日々ニューヨークやシンガポールなどの海外拠点とのセッションを通じて、グローバルに働く醍醐味を体感しています。この環境を飛躍台に、さらに成長していきたいと思っています。
Speaker 中原 嘉利
Q

あなたの役割は?

総合職(システム・デジタルコース)として2019年に入行した私は、配属先としてAMLエリアを希望しました。ある先輩に配属について相談したとき「超低金利環境が続いて従来の収益モデルが厳しいなか、外為決済やグローバルビジネスが今後の銀行の生命線になる。しかし、これらの業務は金融犯罪のリスクが高く、強固なAMLシステムが不可欠だ。AMLは今後の銀行業務の生命線になっていく」という話を聞き、その責任あるミッションのなかで自分を高めていきたいと思ったからです。
現在は、2019年12月の着任以来「GFCDテクノロジー・プログラム」グループ1の、KYC/顧客スクリーニング機能の設計・開発・テストを担当。そのなかでも、KYCデータ移行ツールの内製開発に従事し、多岐にわたる既存システムから、KYC情報(本人確認情報をはじめとする顧客リスク評価情報)を移行するアプリケーションの開発を進めています。内製開発なので、要件定義支援・基本設計・実装・テスト、さらに移行手順の調整など、ユーザとの折衝から実開発まで、システム開発工程の上流から下流までを担当しています。

Q

プロジェクトにおける困難は?

多岐にわたる既存システムから新システムへのデータ変換仕様を決定することが、最も難しいことでした。移行すべきデータは、お客さまの住所・氏名などの基本的な情報から、ビジネスモデル・主要取引先などの商流に関する情報、利用されている金融サービスに関する情報などで、お客さまの実態を正確にとらえ、リスクを評価するのに不可欠です。また、当行がこれまで蓄積してきた顧客情報を、正確に、可能な限り多く新システムに引継ぐことは、過去のレガシーを活かしながら業務を高度化していくために欠かせません。
ところが、既存システムは複数あり、バラバラの情報源からくるデータを新システム用に一つに統合することが必要です。加えて、データの粒度(姓名を別々に持つかなど)や、コード値体系(国コード、通貨コードなど)、データ型(日付の表記スタイルなど)、許容している最大桁数などが異なるため、新システムに合致するようにデータを変換し、変換できないデータはエラーとして還元する機能も合わせて開発しなければなりませんでした。
仕様が何も決まっていない段階から参画し、自分自身でゼロから設計しつつ、既存システムと新システムのギャップを埋めるというミッションは非常に難易度が高かったですね。ユーザ要件や仕様の不備が次々と見つかり、スケジュールを守るためにさまざまな工夫を重ねなければなりませんでした。しかし、限られた既存システムに関する情報からユーザの業務を想定し、データ変換仕様をまとめていくというプロセスは、IT知識と業務知識を総合してシステム開発を推進していく当行ならではのものです。自分にとって、とても有意義なチャレンジだったと思います。

Q

このプロジェクトの意義とは?

国や業務ごとにバラバラな複数の既存システムを新システムに統合するためには、データ移行がその成否のカギを握っていると考えており、そのためのアプリケーションの開発を1年目でありながら任されたことは大きなやりがいでした。特に、自分で取りまとめた要件を設計書に起こし、実装し、テストするなかで品質を向上するという、システム開発の上流から下流までの工程を一貫して担い、プロジェクト推進の基礎を習得できたことは銀行のシステム部門ならではだと思います。また、その過程で、自身の持つコーディングのスキルを向上させるだけでなく、基礎検討でまとめた要件のシステム化を主導したことで、基礎検討時にあらかじめ注意しておくべき勘所も、少しずつ分かるようになりました。
入行前の海外留学を通じてコーディングのスキル(Python / Java)はある程度持っていましたが、金融犯罪業務に対する知識は一切なく、必要になる広範囲のスキルや専門性をこのプロジェクトを通じて学ぶことができたことも私にとって大きな価値があります。当行を“血液”のごとく流れる情報のなかから“癌細胞”を発見するというAMLシステムは勘定系・決済系・情報系などあらゆる行内システムから情報を集めているので、当行全体のアーキテクチャーに習熟することもできました。
今後も、金融犯罪対策業務とシステム開発双方のプロフェッショナルとしてグローバルに仕事を進めながら、中長期的には、当行全体のシステムを企画・推進できる人材として活躍したいと思っています。

PROJECT 02

INDEXヘ戻る