SCROLL

システム・
デジタル

System⋅Digital

最先端のIT技術を駆使して、
システム企画や商品開発、
業務変革を推進する

ビジネスフィールド

当行が、お客さまに提供する金融サービスは幅広く、それを支えるシステムも多岐にわたっています。
そのため、システム・デジタルの職種で入行した場合のビジネスフィールドもさまざまです。

オープン
イノベーション
アクセラレータプログラム*1や海外ネットワークを活用し、国内外のスタートアップ企業とのアライアンスを通じた新規ビジネスの創出を推進します。
*1 アクセラレータプログラム:企業家・ベンチャー企業と革新的なビジネスの立ち上げを目指し数ヶ月間集中して行うプログラム。
システム企画・
技術活用
大胆なクラウド化の推進をはじめとするIT戦略やシステム投資計画の策定、AI・ブロックチェーン等の先端技術を評価し積極的に活用する施策を推進します。
業務・
プロセス改革
各種アプリケーション等のUI/UX*1の改善、RPA*2等の手法を用いた業務フローの効率化・高度化を検討・推進します。
*1 UI/UX:User Interface / User Experience
*2 RPA:Robotic Process Automation
プロジェクト
マネジメント
新規システムの導入やシステムの更改に関するプロジェクトの計画、立上、進捗・品質・コスト管理等のマネジメント業務を行います。
システム開発・構築
銀行のビジネスの根幹を支えるさまざまな業務アプリケーションや、預金・決済等の社会インフラとして重要な大規模システムの設計・開発・運用を行います。
サイバー
セキュリティ
銀行経営におけるトップリスクのひとつであるサイバー攻撃に対するセキュリティ強化施策を検討・推進します。

行員紹介

システム・デジタルの職種で入行し、
実際に働く行員をご紹介します。

インタビュー

玉井 信之介
総合職システム・デジタル
システム部
システム企画部 IT戦略Gr
2005年入行

インタビュー

箕浦 直樹
総合職システム・デジタル
システム本部
システム企画部海外総括Gr
兼 企画Gr
2000年入行

インタビュー

目黒 考平
総合職システム・デジタル
システム本部
システム開発運用部 市場証券Gr
2008年入行

インタビュー

瀬戸屋 茉実
総合職システム・デジタル
システム本部 システム開発運用部
ダイレクトチャネルGr
2010年入行

インタビュー

齊藤 健一
総合職システム・デジタル
デジタル企画部
米州ヘッド
2001年入行

インタビュー

正木 綾香
総合職システム・デジタル
デジタル企画部
2007年入行

インタビュー

桂 寧志
総合職システム・デジタル
デジタル企画部
2009年入行

QA

玉城 昭悟
総合職システム・デジタル
システム本部 システム企画部
事務システムリスク統括室
サイバーセキュリティ推進グループ
2013年入行

QA

小野 明香
総合職システム・デジタル
システム本部 システム開発運用部
決済業務グループ
2008年入行

QA

大田 勝規
総合職システム・デジタル
システム本部 システム開発運用部
AML開発グループ
2013年入行

QA

美濃口 陽介
総合職システム・デジタル
システム本部 システム企画部
欧州システム室
2013年入行

座談会

システム・デジタルの職種で入社し、MUFGの各部署で活躍している行員が座談会を行いました。
現在の仕事、思い描いているキャリア等をお伝えします。

  • 河野 友紀子 Yukiko Kouno

    河野 友紀子 Yukiko Kouno

    コア業務情報エリア
    2011年入行

  • 野田 梨紗 Risa Noda

    野田 梨紗 Risa Noda

    AMLエリア
    2012年入行

  • 菅沼 拓也 Takuya Suganuma

    菅沼 拓也 Takuya Suganuma

    決済業務エリア
    2012年入行

  • 多川 勇介 Yusuke Tagawa

    多川 勇介 Yusuke Tagawa

    IT戦略エリア
    2013年入行

三菱UFJ銀行だからこそ
自分の思いを実現することができる

Q

三菱UFJ銀行のシステム部門で働こうと思ったのはなぜですか?

河野
就職活動で様々な企業のインターンシップに参加して、「ものづくり」のおもろしさを発見したことがスタートでしたね。大学で学んだ知識を活かせると考えて「ものづくり」の対象を情報システムに絞り、最終的には、事業会社の社内SEとして自分でシステムを企画・構築したいと考え、入行しました。
野田
「ものづくり」は私もキーワードにしていました。また、「グローバルに活躍できる」、「女性として長く働くことができる」という点も意識していました。システムに興味を持ったのは、多くの方々とコミュニケーションを取りながらものづくりができるという点に魅力を感じたからです。しかも、銀行は業務のフィールドが広い。具体的に何をしたいのか、まだ漠然としていた私にとって業務の幅の広さは魅力でした。
菅沼
私も「IT」「ものづくり」という視点を持っていました。当行は、働く環境や仕事内容、キャリアパスのイメージがセミナーや面接を通じて一番鮮明になった会社でした。
多川
私は小さい頃から手作業やムダな作業をどうしたら効率化できるのかといったことを考えるのが好きで、様々なサービスや業務を自動化・効率化できるシステム開発に関連した仕事に就きたいと思っていました。社内SEであれば、自分が企画・設計したシステムが、実際にサービスや業務の効率化に貢献している場面を身近に見ることができますからね。

銀行業務の根幹を支える
システムに携わる

Q

現在はどんな仕事をしているのですか?

河野
入行後の1年は支店で銀行業務全般を経験し、その後研修やOJTを通じて先輩や関連会社の方々からシステム開発の基礎を学びました。その後は大規模な金融規制への対応プロジェクトのリーダー補佐として、現在では自分自身がリーダーとしてプロジェクトを推進しています。
野田
私は経済制裁に関するスクリーニングシステムを担当しています。制裁対象となっている国や企業・人物の取引をチェックするもので、現在の安全保障上の重要なテーマです。ユーザーは世界中の銀行スタッフで、どんなシステムであれば使いやすく実効性があるのか、多くの方々と検討しながら開発を進めています。
菅沼
それはすごくホットなテーマですね。私は、銀行間決済、つまり当行と日本銀行、国内外の金融機関との間の決済という伝統的な銀行業務を担うシステムを担当しています。入行後4年目には、システムのユーザーである決済事業部の企画グループに異動して、数十年もの間稼動してきたシステムを全面的に更改するプロジェクトに、要件定義の段階から参画しました。システムを利用する立場で現場の生の声を聞きながら、システム化要件を一からまとめていく業務でした。
多川
その後のシステム開発にはどのように関わったのですか?
菅沼
システム本部に戻り、開発についても自分で担当することになり、現在も進行中です。
河野
開発工程の上流から下流まで一貫して関われるというのは貴重な経験ですね。
多川
ユーザー視点を持ち、現場の要望を知るということはシステム開発を担う人間にとって必須の条件ですよね。私は海外基盤チームで海外拠点との間のファイル連携システムの新規構築を担いましたが、そこでもユーザー視点は非常に重要でした。その後、アジア拠点間の連携基盤システムの開発・保守業務を担い、現在はIT戦略チームでAIなどの最新技術を取り入れた銀行業務の効率化に取り組んでいます。具体的には、外部のお客さまや社員の各種照会に対する自動応答システムの構築などがあります。最先端のテクノロジーを扱っていることもあり、日々の業務は大変刺激があります。

あらゆるフィールドで
自分の思いを実現していく

Q

仕事の面白さ、やりがいはどんなところですか?

河野
私はチームをマネジメントすることに面白さを感じています。リーダー補佐のときは、リーダーをサポートする為に自分は何をすべきか・何ができるかをひたすら模索して実行していました。その後リーダーとしてプロジェクトを推進する立場になったときは、自分が中心となってメンバーと協力しながらプロジェクトを前に進めることが楽しく、チームに貢献している感覚を得られることを嬉しく感じていました。
菅沼
やりがいはなんといっても、銀行ビジネスを自分の仕事が支えている、発展させているということを日々実感できることですね。ユーザーの期待に応えることができたときの達成感が、次のチャレンジのモチベーションになります。
多川
自分の考えが取り入れられて開発された業務システムが、実際に作業負荷の低減につながっているのをみるとやりがいを感じますね。
野田
私が今の仕事で感じる面白さは、国内だけでなく海外のユーザー部門やITベンダーなど複数の関係者と信頼関係を築きながら、プロジェクトを進めていることにあります。海外出張の機会もあり、自分の働くフィールドの広がりを感じます。

経営戦略をシステム部門が
リードしていく

Q

三菱UFJ銀行のシステム部門で働く魅力は何ですか?

河野
銀行のビジネスはシステムなくして成立しません。AIやFintechなどの流れもあり、銀行業界は大きな変革を求められています。システム部門は、スピード感をもってシステムサービスを提供しつつ、品質を高く維持する一方で、コスト削減を実現していかなければなりません。それが変化に対応するための当行の機動力に繋がります。
菅沼
確かに銀行ビジネスはすべてがシステムと表裏一体ですから、銀行システム部門は大きな役割と責任を担っていますし、その分、得られる充実感も大きいと思います。
河野
これからも既存のシステムと新技術を組み合わせて、お客さまや行内ユーザーの期待を超えるサービスを提供できるように、システム部門が経営戦略をリードしていくべきだと思っています。
菅沼
経営戦略の実現、障害・災害対策への対応など、あらゆる銀行ビジネスを維持しながら、発展および変革の機動力となるエンジンを提供するのが私たちですね。
河野
金融とITという2つの専門スキルを武器に、大規模なシステム開発プロジェクトを推進することができる点が大きな魅力です。社会的な影響力は極めて大きく、高い品質も要求されていますが、だからこそやりがいがあります。
菅沼
銀行業界の変革が求められる時代において、「世界に選ばれる、信頼のグローバル金融グループ」を目指す当行のシステム部門が向き合うビジネスのフィールドは圧倒的に広く、これから様々な挑戦ができると思いますね。
野田
国境を越え国内外のメンバーでチームづくりができることも大きな魅力です。
多川
AIやブロックチェーンなど最先端のIT環境に身を置くこともできますね。しかも私たちが新たにリリースするシステムは、多くのお客さまや社員が利用する社会的なインフラになっていくこともあり、醍醐味を感じます。

システムの力で銀行の未来を拓く

Q

これからの目標は何ですか?

河野
経営戦略に貢献するシステム企画や大規模プロジェクトのリーダーを務めたいと考えています。新しいプロジェクトが発足するときには私をメンバーとして入れたいと一緒に働く方々に思ってもらえるように、様々なスキルを磨いていきたいですね。
野田
私は常に銀行を取り巻く環境に高いアンテナを張りながら、銀行の経営戦略をより高いレベルで実現するためのシステムを企画・開発できるバンカーかつエンジニアでありたいと思っています。
多川
銀行業務にはまだまだ効率化できることが多くあります。自動化や効率化を進め、これまで以上に社員がお客さまに貢献する仕事に注力できるような環境をつくっていきたいと思います。
菅沼
将来は当行全体のIT戦略の立案やシステム部門全体の組織運営を担うような仕事にチャレンジしたいと思っています。当行の未来を拓くための大きな役割を果たすのがシステム部門であり、銀行の未来は私たちが創っていくという自負と責任感を皆が持っている。私もその一員として更に力を発揮していきたいですね。

INDEXヘ戻る