ビジネスフィールド

あらゆる情報が行き交い、瞬時に価格が変動する金融市場。
価格変動リスクにさらされるお客さまのさまざまなニーズに、金融商品やサービスを開発・提供することで応えていく市場ビジネス。
そのビジネスに、金融・数理・情報科学の専門的知識を駆使し、クオンツがさまざまなソリューションを提供する。
それがファイナンシャル・テクノロジー(FT)業務です。

モデル開発
金融商品の時価評価モデルやリスク管理モデルなど、最先端の金融工学理論に基づいたモデル・アルゴリズムの導出を行います。
エンジニアリング
金融商品取引に係るすべてのコストを価格に織り込む国際的な流れに対応するため、価格やリスクを高速で計算するエンジンの構築を進めます。
リスク管理
世界金融危機以降、より高度で広範なリスク管理が求められる中、銀行全体の市場・信用リスク定量化、効率的資本運営の実現を担います。
トレーディング
エキゾチックデリバティブ等の複雑な金融商品のプライシングツール開発やマーケットメイク業務、およびヘッジによる価格変動リスクのコントロールを行います。
アルゴリズム取引
外国為替市場の電子取引プラットフォームにおいて、機械学習によるマーケット分析や、最適な取引アルゴリズムの開発を行います。
デジタライゼーション
機械学習分野等における最先端の手法を駆使してフロントシステムを高度化し、最高峰の金融サービスの提供をめざします。

キャリアイメージ

ファイナンシャル・テクノロジーコースで入行した場合、市場企画部 市場業務開発室に配属され、半年間の研修を受けていただきます。
その後、さまざまなファイナンシャル・テクノロジー(FT)関連部署へ配属され、OJTを通じ各業務での基礎を固め、エキスパートとして活躍していきます。

入行〜

  • ・集合研修〜配属
  • ・FT研修
    • −金融工学、プログラミング、市場知識の基礎習得

入行半
年後〜

  • ・FT関連部署へ配属
    • −モデル開発
    • −リスク管理
    • −トレーディング 等

その後

  • ・経験を活かし、MUFG各部でエキスパートとして活躍
  • ・MUFG、銀行本部各部
  • ・海外拠点 ニューヨーク、ロンドン、香港、シンガポール等
  • ・他、MUSE(ロンドン)への出向、日銀金融研究所、Morgan Stanley(ニューヨーク)等への研修出向

行員紹介

ファイナンシャル・テクノロジーの専門職で入行し、実際に働く行員をご紹介します。

INDEXヘ戻る